ブールコマンド

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 6.0


4Dにはブール演算に用いるブール関数が用意されています:

   True   
   False   
   Not

例題

この例題では、ボタンの値に基づきブール変数の値を設定します。myButtonボタンがクリックされるとmyBoolean変数にTrueが、クリックされなかった場合Falseが設定されます。ボタン変数は、クリックされると値が1になります。

   If (myButton=1)   ` ボタンがクリックされたら
       myBoolean:=True   ` myBooleanにTrueを設定 
   Else   ` ボタンがクリックされいなければ
      myBoolean:=False   ` myBooleanにFalseを設定 
   End if 

この例題は一行に記述できます

   myBoolean:=(myButton=1)

参照

False, Not, True, 論理演算子.

さらに、以下の4Dコマンドはブール値を返します: Activated, After, Before, Before selection, Before subselection, Caps lock down, Is compiled mode, Deactivated, During, End selection, End subselection, In break, In footer, In header, In transaction, Is a list, Is a variable, Is in set, Is user deleted, Locked, Macintosh command down, Macintosh control down, Macintosh option down, Modified, Modified record, Nil, Outside call, Read only state, Semaphore, Shift down, True, Undefined, User in group, Windows Alt down, Windows Ctrl down.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次