CT GET AREA BOUNDARY

4D - Documentation   Fran溝is   English   German   日本語   4D Chartコマンドテーマリスト   4D Chartインデックス   戻る   Previous   Next

version 1


CT GET AREA BOUNDARY (area; boundaryCode; left; top; right; bottom)

引数説明
area倍長整数4D Chart エリア
boundaryCode整数境界コード
0 = ドキュメント全体の境界
1 = 切り取られた境界
left実数エリアの左の境界を受け取る
top実数エリアの上の境界を受け取る
right実数エリアの右の境界を受け取る
bottom実数エリアの下の境界を受け取る

説明

CT GET AREA BOUNDARY コマンドは、引数 left、top、right、bottom の各変数に area 矩形の座標を返します。

boundaryCode が0の場合、CT GET AREA BOUNDARY コマンドはドキュメント全体の境界を返します。

boundaryCode が1の場合は、CT GET AREA BOUNDARY コマンドはフォーム上の4DChartエリアまたは4DChartプラグインウインドウの現在のサイズの境界を返します。

例題

以下の例は、既存のチャートエリアで複数の線を組み合せたジオメトリックオブジェクトを作成し、エリアの境界座標を取得してエリア内のオブジェクトを中央に配置します。

   For ($i;0;360;5)
      vLine:=CT Draw line (Area;50*Cos($i);50*Sin($i);0;0;0)
   End for 
   CT GET AREA BOUNDARY (Area;1;$left;$top;$right;$bottom)
   CT MOVE (Area;-1;(($right-$left)/2)-50;(($bottom-$top)/2)-50)

4D - Documentation   Fran溝is   English   German   日本語   4D Chartコマンドテーマリスト   4D Chartインデックス   戻る   Previous   Next