CT Last event

4D - Documentation   Fran溝is   English   German   日本語   4D Chartコマンドテーマリスト   4D Chartインデックス   戻る   Previous   Next

version 1


CT Last event (area) 倍長整数

引数説明
area倍長整数4D Chart エリア
戻り値倍長整数エリアで実行した
最後のイベントのコードのコード

説明

CT Last event は、引数 area で発生した最後のイベントのコードを返します。

CT Last event は、4D Chart エリアのオブジェクトメソッド、または CT ON EVENT コマンドでインストールされたイベントメソッドで使用できます。CT Last event は、オブジェクトまたはプロジェクトメソッドを実行させたイベントを特定します。CT EVENT FILTER コマンドと共に使用した場合、ユーザのアクションに基づいたアクションを実行することができます。

以下の表はイベントコードのリストです。

イベント
-1すべてのイベント
0イベントなし
1エリア作成
2エリア削除
4エリアのアクティブ化 (クリックされた、または前面に押し出された)
8エリアの非アクティブ化 (エリアは既にアクティブではない)
16オブジェクト作成 (作成、貼り付け、複製)
32オブジェクト削除 (削除、切り取り、消去)
64Command - クリック (オブジェクトに対するものである必要はない)
128オブジェクトが移動された (微調整、整列、移動など)
256オブジェクトのサイズが変更された (矢印キー、ドラッグなど)
1024選択済みでのオブジェクトでの変更
2048ダブルクリック
4096オブジェクトが作り直された

例題

以下の例では、CT Last event CT ON EVENT でインストールされたメソッドで使用され、ダブルクリックを特定します。CT ON EVENT でインストールされたメソッドで使用されています。ユーザがグラフをダブルクリックすると、カスタムダイアログボックスが表示されるため、グラフに対して変更が行えます。

   If (CT Last event (Area)=2048)??      `ダブルクリックの場合
      If (CT Get object type (Area;0)=5)?   `グラフの場合
            `カスタム変更チャートダイアログボックスを表示する
         CHANGE CHART (Area;CT Get ID (Area;0;1))?? 
      End if 
   End if 

参照

CT EVENT FILTER, CT ON EVENT.


4D - Documentation   Fran溝is   English   German   日本語   4D Chartコマンドテーマリスト   4D Chartインデックス   戻る   Previous   Next