CT Get display

4D - Documentation   Fran溝is   English   German   日本語   4D Chartコマンドテーマリスト   4D Chartインデックス   戻る   Previous   Next

version 1


CT Get display (area; item) 整数

引数説明
area倍長整数4D Chart エリア
item整数情報を取得する項目
戻り値整数0 = 指定された項目が表示されていない
1 = 項目が表示されている

説明

CT Get display を使用すると、4D Chart ウインドウの特定の機能が表示されるかどうかわかります。

指定された項目が表示されないのであれば、CT Get display は0を返します。表示されるのであれば、1を返します。

メニューバー、チャートツールパレット、オブジェクトツールパレット、スクロールバー、そしてルーラは、CT SET DISPLAY コマンドを使用して、ユーザモードまたはプログラムによって隠す、あるいは表示することができます。

以下は、引数 item のコードです。

コード項目
1メニューバー
2チャートツール
3オブジェクトツール
6スクロールバー
9ルーラ

例題

以下の例は、メニューバーが使用不可かどうかを確認し、使用不可でない場合は使用不可にします。

   If (CT Get display (Area;1)=1)
      CT SET DISPLAY (Area;1;0)
   End if 

参照

CT SET DISPLAY.


4D - Documentation   Fran溝is   English   German   日本語   4D Chartコマンドテーマリスト   4D Chartインデックス   戻る   Previous   Next