CT Chart arrays

4D - Documentation   Fran溝is   English   German   日本語   4D Chartコマンドテーマリスト   4D Chartインデックス   戻る   Previous   Next

version 1


CT Chart arrays (area; type; size; categoryArray; seriesArray; valuesArray) 数値

引数説明
area倍長整数4D Chart エリア
type整数グラフのタイプ (以下のコードを参照)
size整数グラフの初期サイズオプション
1 = 可変
2 = ウインドウと連動 (自動-変数)
3 = グラフと連動 (自動-ドキュメント)
categoryArray配列項目配列
seriesArray配列系列配列
valuesArray配列数値配列
戻り値数値オブジェクトID番号

説明

CT Chart arrays 関数は、指定された配列に基づいてグラフを作成し、そのグラフのオブジェクトIDを返します。このコマンドは2次元グラフまたは3次元グラフのどちらを作成するときにも使用できます。

以下の表は、引数 type のコードを示しています。

コードチャートタイプ
1
2
3 ピクチャ
4
5散布図
6
7ポーラー
82D XY
1003D 棒
1013D 線
1023D 面
1033D 等高線
1043D 三角形
1053D ピン

引数 size は、グラフが生成されたときにそのグラフがどの程度のスペースを取るのか、ウインドウのサイズ変更をしたときにグラフのサイズはどのように変更するのかを決定します。

・1を渡した場合 (サイズの変数) 、グラフは4D Chart エリアかまたはウインドウいっぱいになります。ハンドルを使って修正するまでこのサイズは保たれます。

・2を渡した場合 (ウインドウと連動したサイズ) 、グラフは4D Chart エリアかまたはプラグインウインドウいっぱいになります。ウインドウサイズを変更した後は、グラフは自動的に変えられます。しかしながら、一度ハンドルを使ってグラフサイズを変更すると、この変更はそれ以上実行されません。

・3を渡した場合 (文章と連動したサイズ) 、グラフはページセットアップダイアログボックスで選択したページの次元に合わせて変えられます。ハンドルを使ってグラフサイズを修正するまでこのサイズは保たれます。

categoryArray には、X軸項目があります。

seriesArray には、系列が含まれます。2次元グラフでは、系列は項目軸上に表示されます。3次元グラフでは、系列は数値軸上に表示されます。

valuesArray は、数値軸上でグラフ化されるすべての値を含む1次元の配列です。categoryArrayseriesArray の各要素の値が存在するように valuesArray には値が入っている必要があります。つまり、n 項目と m 系列がある場合には、valuesArray には n*m 個の要素があることになります。

以下の図は、valuesArray に入れられるものの順序を示しています。n は項目の合計数を表します。m は系列の合計数を表します。

例えば、以下のデータと数値配列の結果を参照してください。

学校名年度生徒数aValues
(<項目)(<系列)(<数値)
Sunnyoaks19901000aValues{1}:=1000
Sunnyoaks19921250aValues{2}:=600
Sunnyoaks1994 800aValues{3}:=1250
Valley1990 600aValues{4}:=975
Valley 1992 975aValues{5}:=800
Valley19941100aValues{6}:=1100

参照

CT Chart data, CT Chart selection.


4D - Documentation   Fran溝is   English   German   日本語   4D Chartコマンドテーマリスト   4D Chartインデックス   戻る   Previous   Next