CT SET AXIS ATTRIBUTES

4D - Documentation   Fran溝is   English   German   日本語   4D Chartコマンドテーマリスト   4D Chartインデックス   戻る   Previous   Next

version 1


CT SET AXIS ATTRIBUTES (area; object; axis; minorTick; majorTick; location; reverse)

引数説明
area倍長整数4D Chart エリア
object倍長整数オブジェクトID
axis整数グラフ軸
0 = 項目
1 = 系列
2 = 数値
minorTick整数補助目盛りマークの種類
-1 = 変更なし
0 = なし
1 = 内側
2 = 外側
3 = 交差
majorTick整数主目盛りマークの種類
-1 = 変更なし
0 = なし
1 = 内側
2 = 外側
3 = 交差
location実数軸の位置
(軸が配置される位置)
reverse整数逆順
0 = 反転なし
1 = 反転
-1 = 変更

説明

CT SET AXIS ATTRIBUTES コマンドは、area、object、axis で指定されたグラフ軸の属性を設定します。このコマンドは、2次元グラフだけに適用されます。

minorTickmajorTick とは、axis 上の目盛りのことです。

location とは、軸が別の軸と交差するときの数値のことです。axis が横軸の場合には、location は縦軸の一番下からの増分数になります。axis が縦軸の場合には、location は横軸の左側からの増分数になります。

引数 reverse が1の場合には、軸上にグラフ化される項目の順序は逆になります。reverse が0の場合には、項目は本来の順序のままになります。

例題

以下の例は、$ChartIDに指定されたチャートの項目軸属性を変更します。

   CT SET AXIS ATTRIBUTES (vArea;$ChartID;0;0;3;160;1)

参照

CT GET AXIS ATTRIBUTES.


4D - Documentation   Fran溝is   English   German   日本語   4D Chartコマンドテーマリスト   4D Chartインデックス   戻る   Previous   Next