CT SET LEGEND ATTRIBUTES

4D - Documentation   Fran溝is   English   German   日本語   4D Chartコマンドテーマリスト   4D Chartインデックス   戻る   Previous   Next

version 1


CT SET LEGEND ATTRIBUTES (area; object; display; orientation; reverseOrder; reverseKey; location; horizOffset; vertOffset)

引数説明
area倍長整数4D Chart エリア
object倍長整数オブジェクトID
display整数凡例を表示するか?
0 = 表示しない
1 = 表示する
orientation整数凡例内の系列の方向
0 = 水平
1 = 垂直
reverseOrder整数順番を逆にするか?
-1 = 変更しない
0 = 逆順にしない
1 = 逆順にする
reverseKey整数順番を逆にするか?
-1 = 変更しない
0 = 逆順にしない
1 = 逆順にする
location整数位置コード
horizOffset整数位置=0のときのプロットの左側からの
水平方向のオフセットをポイント単位
vertOffset整数位置=0のときのプロットの上側からの
垂直方向のオフセットをポイント単位

説明

CT SET LEGEND ATTRIBUTES コマンドは、引数 area、と object で指定された凡例の属性を設定します。

引数 display は、凡例が表示されるかどうかを指定します。

引数 orientation は、系列が凡例内で縦方向に表示されるか、横方向に表示されるのかを指定します。以下の図は、縦方向の凡例と横方向の凡例を示しています。

Vertical Legend Horizontal Legend

引数 reverseOrder は、凡例内の系列の順序が逆順になるかどうかを指定します。

引数 reverseKey は、系列の一意なパターンと色を説明する系列ラベルとキーが逆になるかどうかを指定します。デフォルトでは、キーがラベルの左側に表示されます。

以下の表は、引数 location のコードを示しています。

コード位置
-1変更なし
0horizOffsetvertOffset で凡例を配置する
1左上
2左下
3右上
4右下
5
6
7
8

location が0に設定されていると、引数 horizOffsetvertOffset が使用されます。horizOffset は、グラフの左側から凡例の左側までをポイント単位で表します。vertOffset は、グラフの上の端から凡例の上の端までをポイント単位で表します。

Note: 凡例テキストのテキスト属性を取得するには、CT GET CHART TEXT ATTRIBUTES コマンドを使用してください。

例題

以下の例は、グラフの上端中央に凡例を表示します。

   CT SET LEGEND ATTRIBUTES (Area;$ChartID;1;0;0;0;7;0;0)

参照

CT GET LEGEND ATTRIBUTES, CT Get legend text, CT SET CHART TEXT ATTRIBUTES, CT SET LEGEND TEXT.


4D - Documentation   Fran溝is   English   German   日本語   4D Chartコマンドテーマリスト   4D Chartインデックス   戻る   Previous   Next