CT GET DEPTH

4D - Documentation   Fran溝is   English   German   日本語   4D Chartコマンドテーマリスト   4D Chartインデックス   戻る   Previous   Next

version 1


CT GET DEPTH (area; object; horizontal; vertical)

引数説明
area倍長整数4D Chart エリア
object倍長整数オブジェクトID
horizontal整数ポイント単位で横方向のオフセットを受け取る
vertical整数ポイント単位で縦方向にオフセットを受け取る

説明

CT GET DEPTH コマンドは、引数 areaobject で指定されたグラフの横方向と縦方向のオフセット (奥行き ) を設定します。このコマンドは、2次元グラフだけで有効です。

引数 horizontal は、ポイント単位で測定した横方向のオフセットです。正の値はオフセットが右方向になることを示し、負の値はオフセットが左方向になることを示します。

horizontal = 5, vertical = 5

horizontal = -5, vertical = 5

引数 vertical は、ポイント単位で測定した縦方向のオフセットです。正の値はX軸から奥に入る距離を示し、負の値はX軸から前に出る距離を示します。

水平または垂直オフセットをゼロで設定するには次元で3D効果を取り除きます。

horizontal = 5, vertical = - 5

horizontal または vertical オフセットをゼロで設定するには次元で3D効果を取り除きます。

例題

以下の例は、$ChartIDに指定されたチャートの奥行きをチェックし、ユーザによって変更されていなかった場合には奥行きを設定します。

   CT GET DEPTH (vArea;$ChartID;$Horiz;$Vert)
   If ($Horiz=0)?&?($Vert=0)
      CT SET DEPTH (vArea;$ChartID;10;10)
   End if 

参照

CT SET DEPTH.


4D - Documentation   Fran溝is   English   German   日本語   4D Chartコマンドテーマリスト   4D Chartインデックス   戻る   Previous   Next