CT Array to polygon

4D - Documentation   Fran溝is   English   German   日本語   4D Chartコマンドテーマリスト   4D Chartインデックス   戻る   Previous   Next

version 1


CT Array to polygon (area; arrayH; arrayV) 倍長整数

引数説明
area倍長整数4D Chart エリア
arrayH実数配列頂点の横方向の値の配列
arrayV実数配列頂点の縦方向の値の配列
戻り値倍長整数新しいオブジェクトのオブジェクトID

説明

CT Array to polygon 関数は、引数 arrayHarrayV の配列をもとにした新しい多角形を area に作成し、その新しいオブジェクトのIDを返します。

arrayHarrayV は、多角形の各頂点の位置を記述しています。この2つの配列にはポイント単位で実数、倍長整数、整数のいずれかのデータタイプを指定できます。多角形が正常に作成されるようにそれぞれの配列には少なくとも3つの要素が必要です。配列の要素が同じ数ではない場合には、大きい方の配列の余分の要素は無視されます。閉じた多角形を作成するには、各配列の最後の値と最初の値を一致させる必要があります。

例題

以下の例は、2つの配列に値を入れ、そこから多角形を作成します。次にその多角形を移動し、サイズを変更します。

   $Vertices:=Num (Request ("Enter number of vertices:"))
   If (OK=1)  `配列を宣言する
      ARRAY REAL (aVerticeH;$Vertices)
      ARRAY REAL (aVerticeV;$Vertices)
      For ($i;1;$Vertices)   `配列に値を入れる
         aVerticeH{$i}:=Sin($i)
         aVerticeV{$i}:=Cos($i)
      End for 
         `多角形を描く
      $Poly:= CT Array to polygon (Area;aVerticeH;aVerticeV)
         `多角形を座標(10,10) に移動する
      CT MOVE (Area;$Poly;10;10)
      CT SIZE (Area;$Poly;200;200)  `多角形のサイズを200×200に変更する
   End if 

4D - Documentation   Fran溝is   English   German   日本語   4D Chartコマンドテーマリスト   4D Chartインデックス   戻る   Previous   Next