CT SET REFNUM

4D - Documentation   Fran溝is   English   German   日本語   4D Chartコマンドテーマリスト   4D Chartインデックス   戻る   Previous   Next

version 1


CT SET REFNUM (area; scope; refNum)

引数説明
area倍長整数4D Chart エリア
scope倍長整数コマンドのスコープ
-2 = デフォルトt
-1 = すべて
0 = 選択されたオブジェクト
>0 = オブジェクトID
refNum倍長整数参照番号

説明

CT SET REFNUM コマンドは、引数 refNumscope で記述された area にあるオブジェクト用の参照番号にします。参照番号は、それがオブジェクトを識別する方法であり、一意ではないという点でオブジェクト名と似ています。参照番号はオブジェクトID番号ではありません。オブジェクトID番号はドキュメント内の各オブジェクトに対して4D Chartで割り当てられた一意の番号です。

scope が-2の場合は、CT SET REFNUM コマンドがデフォルトの参照番号を設定します。これは、任意の新しいオブジェクトに使用される参照番号です。

scope が-1の場合は、CT SET REFNUM コマンドはドキュメント内の全オブジェクトに対する参照番号を設定します。

scope が0の場合は、CT SET REFNUM コマンドは選択されたオブジェクトに対する参照番号を設定します。

scope が0よりも大きな場合は、それが特定オブジェクトのIDと同じである必要があります。オブジェクトが存在しない場合は、CT SET REFNUM コマンドは何も行いません。

参照番号は、オブジェクトに対応する一意ではない倍長整数です。参照番号はメソッドだけに従って操作できます。参照番号のデフォルト値は、0です。

例題

以下の例は、選択したオブジェクトの参照番号をvNumber変数に含まれる値に変更します。

   CT SET REFNUM (Area;0;vNumber)

参照

CT Get ID, CT Get refnum.


4D - Documentation   Fran溝is   English   German   日本語   4D Chartコマンドテーマリスト   4D Chartインデックス   戻る   Previous   Next