CT ALIGN

4D - Documentation   Fran溝is   English   German   日本語   4D Chartコマンドテーマリスト   4D Chartインデックス   戻る   Previous   Next

version 1


CT ALIGN (area; scope; horizontal; vertical)

引数説明
area倍長整数4D Chart エリア
scope倍長整数-1 = すべて
0 = 選択されたオブジェクト
horizontal整数0 = なし
1 = 左
2 = 中
3 = 右
vertical整数0 = なし
1 = 上
2 = 中
3 = 下

説明

CT ALIGN コマンドは、引数 scope で記述された area にオブジェクトを整列させます。

scope が-1の場合には、CT ALIGN コマンドはドキュメント内の全オブジェクトを整列させます。

scope が0の場合には、CT ALIGN コマンドは選択されたオブジェクトを整列させます。

scope で記述されたオブジェクトは、引数 horizontalvertical に従って配列されます。

以下は、引数 Horizontal 用の値、その効果の内容、オブジェクト整列ダイアログボックスでの対応するアイコンを示しています。

・以下のテーブルは引数 horizontal の値とその効果を表しています。

整列アイコン
0なし
1左揃え
2中揃え
3右揃え

・以下のテーブルは引数 vertical の値とその効果を表しています。

整列アイコン
0なし
1上揃え
2中揃え
3下揃え

例題

以下の例は、選択したオブジェクトを縦横両方の中央に整列させます。

   CT ALIGN (Area;0;2;2)

参照

CT Get ID.


4D - Documentation   Fran溝is   English   German   日本語   4D Chartコマンドテーマリスト   4D Chartインデックス   戻る   Previous   Next