CT GET HIGHLIGHT

4D - Documentation   Fran溝is   English   German   日本語   4D Chartコマンドテーマリスト   4D Chartインデックス   戻る   Previous   Next

version 1


CT GET HIGHLIGHT (area; first; last)

引数説明
area倍長整数4D Chart エリア
first整数先頭の文字の位置から1を引いたものを受け取る
last整数最終の文字の位置を受け取る

説明

CT GET HIGHLIGHT コマンドは、引数 area 内で反転表示されているテキストの文字位置を先頭変数と最終変数に返します。

引数 first は反転表示された先頭の文字の位置から1を引いたものであり、last は反転表示された最終の文字です。firstlast が同じ場合には、反転表示されている文字はないので、挿入点は firstfirst +1の間になります。

反転表示されるテキストを持つのは一度に1つのオブジェクトだけなので、引数 scope は必要ありません。area に反転表示されているテキストが存在しない場合には、CT GET HIGHLIGHT コマンドは、firstlast に-32000を返します。

例題

以下の例は、反転表示されたテキストの位置を返し、テキストが選択されていない場合にはユーザに警告を表示します。

   CT GET HIGHLIGHT (Area;$First;$Last)
   If (CT Error = 46)
      ALERT ("There is no text highlighted.")
   End if

参照

CT SET HIGHLIGHT.


4D - Documentation   Fran溝is   English   German   日本語   4D Chartコマンドテーマリスト   4D Chartインデックス   戻る   Previous   Next