CT SET PROPERTIES

4D - Documentation   Fran溝is   English   German   日本語   4D Chartコマンドテーマリスト   4D Chartインデックス   戻る   Previous   Next

version 2004 (Modified)


CT SET PROPERTIES (area; printOrder; changeAlert; hotlinkType; saveAlert)

引数説明
area倍長整数4D Chart エリア
printOrder整数プリント順
0 = 行順
1 = 列順
-1 = 変更なし
changeAlert整数グラフタイプ変更メッセージ
0 = メッセージなし
1 = メッセージあり
-1 = 変更なし
hotlinkType整数サポートなし (-1を渡す)
saveAlert整数ドキュメントを閉じたときの警告ボックス
0 = メッセージなし
1 = メッセージあり
-1 = 変更なし

説明

CT SET PROPERTIES コマンドは、指定された4D Chartエリアに設定されているプロパティ情報を取得します。

引数 printOrder は、ドキュメントのどのページが印刷されるのかの順序です。プリント順は、ドキュメントが印刷される順序だけに影響し、ページの方向には影響しません。

引数 changeAlert は、グラフのタイプを変更しようとしたときに警告ボックスが表示されるかどうかを指定します。ユーザは、キャンセルするか変更を続行するかのオプションを選択できます。

hotlinkType はサポートされていません (-1 を渡して無視します) 。

引数 saveAlert は、変更を保存していない4D Chartドキュメントをクローズするときに警告ボックスをユーザに表示するかどうかを指定します。

saveAlert が1の場合は、4D Chartは変更を保存していない4D Chartドキュメントをユーザがクローズすると通常の警告ボックスを表示します。警告ボックスには、変更を保存する、変更を保存しない、クローズせずにドキュメントに戻るというオプションがあります。

saveAlert が0の場合は、4D Chartは変更を保存しないか、またはユーザに警告ボックスを表示しません。変更を保存するかどうかは設定者の責任になります。例外は、ピクチャフィールドに保存される途中のフォーム上にある4D Chartエリアです。これらのエリアの内容はピクチャフィールドに自動的に保存されます。

例題

以下の例は、他のプロパティは変更せずに、グラフタイプの変更に対して警告を表示しないように設定します。

   CT SET PROPERTIES (Area;-1;1;-1;-1)

参照

CT GET PROPERTIES, CT SAVE DOCUMENT.


4D - Documentation   Fran溝is   English   German   日本語   4D Chartコマンドテーマリスト   4D Chartインデックス   戻る   Previous   Next