CREATE SCHEMA

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D SQL Referenceコマンドテーマリスト   4D SQL Referenceインデックス   戻る   前   次

version 11.3


CREATE SCHEMA sql_name

説明

CREATE SCHEMA コマンドは新しいSQLスキーマをsql_nameという名称でデータベースに作成するために使用します。

Note: スキーマに関する情報は、4Dと4D SQLエンジン統合の原則の節を参照してください。

新しいスキーマを作成すると、デフォルトで以下のアクセス権が割り当てられます:

・読み込みのみ (データ): <Everybody>

・読み書き (データ): <Everybody>

・すべて (データとストラクチャ): <Nobody>

GRANT コマンドを使用して、それぞれのスキーマに外部からのアクセス権を与えることができます。

データベースのDesignerとAdministratorのみがスキーマを作成、更新、削除できます。

4Dのアクセス管理システムが有効になっていない場合、(すなわちDesignerにパスワードが設定されていない場合)、制限なしにすべてのユーザがスキーマの作成や更新を行えます。

データベースが4D v11 SQL (release 3 以降) で作成されるか変換されると、デフォルトスキーマが作成されデータベースのすべてのテーブルがこのスキーマに属します。このスキーマは "DEFAULT_SCHEMA" という名称で、削除したり名称を変更したりすることはできません。

例題

"Accounting_Rights"というスキーマを作成します:

   CREATE SCHEMA Accounting_Rights

参照

ALTER SCHEMA.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D SQL Referenceコマンドテーマリスト   4D SQL Referenceインデックス   戻る   前   次