外部への接続

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D SQL Referenceコマンドテーマリスト   4D SQL Referenceインデックス   戻る   前   次

version 11


4D v11では、外部のODBCデータソースに直接接続して、SQLクエリをその外部データベースに対し実行することができます。

外部データソースとの接続を管理する4Dコマンド:

GET DATA SOURCE LISTは、マシンにインストールされたデータソースのリストを取得するために使用します。

SQL LOGIN は、マシンにインストールされたデータソースを経由して外部データベースに接続するために使用します。

SQL LOGOUTは、外部への接続を閉じ、ローカルの4Dデータベースに再接続するために使用します。

Get current data source は、アプリケーションのカレントデータソースを返します。

以下の例題は外部データソース (ORACLE) に接続し、ORACLEデータベースからデータを取得、そしてORACLEデータベースとの接続を閉じ、ローカルデータベースに再接続する方法を示しています。

システムには"Test_ORACLE_10g"というデータソース名が登録されているものとします。

これをテストするには、Video Libraryデータベースのメインウィンドウで "Oracleに接続" ボタンをクリックします。


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D SQL Referenceコマンドテーマリスト   4D SQL Referenceインデックス   戻る   前   次