ALTER TABLE

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D SQL Referenceコマンドテーマリスト   4D SQL Referenceインデックス   戻る   前   次

version 11.3 (Modified)


ALTER TABLE sql_name

{ADD column_definition |

DROP sql_name |

ADD primary_key_definition |

DROP PRIMARY KEY |

ADD foreign_key_definition |

DROP CONSTRAINT sql_name |

SET SCHEMA sql_name}

説明

ALTER TABLEコマンドは既存のテーブル (sql_name) を変更するために使用します。以下のいずれかのアクションを実行できます:

ADD column_definitionを渡すと、テーブルにカラムを追加します。

DROP sql_nameを渡すと、テーブルからカラムsql_nameを削除します。

ADD primary_key_definitionを渡すと、テーブルにPRIMARY KEYを追加します。

DROP PRIMARY KEYを渡すと、テーブルのPRIMARY KEYを削除します。

ADD foreign_key_definitionを渡すと、テーブルにFOREIGN KEYを追加します。

DROP CONSTRAINT sql_nameを渡すと、指定した制約をテーブルから削除します。

SET SCHEMA sql_nameを渡すと、テーブルをsql_name スキーマへ転送します。

例題

この例題ではテーブルを作成し、データを挿入し、その後Phone_Numberカラムを追加、さらに値を追加して、最後にIDカラムを削除します:

   CREATE TABLE ACTOR_FANS
   (ID INT32, Name VARCHAR);
 
   INSERT INTO ACTOR_FANS
   (ID, Name)
   VALUES(1, 'Francis');

   ALTER TABLE ACTOR_FANS   
   ADD Phone_Number VARCHAR;

   INSERT INTO ACTOR_FANS
   (ID, Name, Phone_Number)
   VALUES (2, 'Florence', '01446677888');

   ALTER TABLE ACTOR_FANS
   DROP  ID;

参照

column_definition, CREATE TABLE, DROP TABLE, foreign_key_definition, primary_key_definition.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D SQL Referenceコマンドテーマリスト   4D SQL Referenceインデックス   戻る   前   次