CREATE TABLE

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D SQL Referenceコマンドテーマリスト   4D SQL Referenceインデックス   戻る   前   次

version 11.3 (Modified)


CREATE TABLE [IF NOT EXISTS] {sql_name.}sql_name({column_definition |table_constraint}, ... , {column_definition |table_constraint})

説明

CREATE TABLE コマンドはsql_nameという名称のテーブルを作成するために使用します。フィールドは1つ以上のcolumn_definitionで指定し、またtable_constraint 型の引数も指定できます。IF NOT EXISTS 制約が指定されると、データベースに同じテーブル名が存在しない場合のみテーブルが作成されます。そうでなければ、テーブルは作成されず、エラーは生成されません。

1番目のsql_name (オプション) 引数は、テーブルを割り当てるスキーマを指定するために使用できます。この引数を渡さないか、指定したスキーマが存在しない場合、テーブルは自動で"DEFAULT_SCHEMA"という名称のデフォルトスキーマに割り当てられます。SQLスキーマに関する詳細は、4Dと4D SQLエンジン統合の原則の句を参照してください。

Note: 4Dテーブルのインスペクタパレットにある"スキーマ"ポップアップメニューを使用して、テーブルをスキーマに割り当てることもできます。このメニューにはデータベースに定義されたスキーマのリストが含まれています。

column_definition はカラムの名称 (sql_name) とデータ型 (sql_data_type_name) を含み、table_constraint はテーブルが格納できる値を制限します。

例題

1. これは2つのカラムを持つテーブルを作成する単純な例です:

   CREATE TABLE ACTOR_FANS       
   (ID INT32, Name VARCHAR);

2. これは同じ名称のテーブルが存在しない場合のみテーブルを作成します:


   CREATE TABLE IF NOT EXISTS ACTOR_FANS       
   (ID INT32, Name VARCHAR);

3. この例題は"Preferences" テーブルを作成し、"Control" スキーマに割り当てます:

   CREATE TABLE Control.Preferences 
   (ID INT32, Value VARCHAR);

参照

ALTER TABLE, column_definition, DROP TABLE, table_constraint.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D SQL Referenceコマンドテーマリスト   4D SQL Referenceインデックス   戻る   前   次