4d_function_call

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D SQL Referenceコマンドテーマリスト   4D SQL Referenceインデックス   戻る   前   次

version 11


{FN sql_name ([arithmetic_expression, ..., arithmetic_expression]) AS sql_data_type_name}

説明

4d_function_callは以下のように入力されなければなりません:

{FN sql_name ([arithmetic_expression, ... , arithmetic_expression]) AS sql_data_type_name}

sql_name関数はFNキーワードの後に書かれ、渡すarithmetic_expressionが後に続きます。これらarithmetic_expressionsql_data_type_nameの形式で返されます。

例題

この例題では、MOVIESテーブルからそれぞれの映画ごとの出演者数を取り出します:


   C_LONGINT($NrOfActors)
   ARRAY TEXT(aMovieTitles;0)
   ARRAY LONGINT(aNrActors;0)

   $NrOfActors:=7
   Begin SQL  
      SELECT Movie_Title, {FN Find_Nr_Of_Actors(ID) AS NUMERIC}
      FROM MOVIES  
      WHERE {FN Find_Nr_Of_Actors(ID) AS NUMERIC} >= :$NrOfActors  
      ORDER BY 1  
      INTO :aMovieTitles; :aNrActors
   End SQL

参照

arithmetic_expression, sql_data_type_name, sql_name.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D SQL Referenceコマンドテーマリスト   4D SQL Referenceインデックス   戻る   前   次