select_item

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D SQL Referenceコマンドテーマリスト   4D SQL Referenceインデックス   戻る   前   次

version 11


arithmetic_expression [[AS] {sql_string |sql_name}]

説明

select_itemは結果に含める一つ以上の項目を指定します。渡されたselect_itemごとにカラムが生成されます。それぞれのselect_itemarithmetic_expressionからなります。オプションのASキーワードを渡して、カラムに渡されるオプションのsql_stringsql_nameを指定することもできます。(ASキーワードなしでオプションのsql_stringsql_nameを渡しても同じ効果です。)

例題

これは、2000年以降に公開された映画を含むMovie_Yearカラムを作成する例です:

   ARRAY INTEGER(aMovieYear;0)
   Begin SQL
      SELECT Year_of_Movie AS Movie_Year
      FROM MOVIES
      WHERE Movie_Year >= 2000
      ORDER BY 1
      INTO :aMovieYear;
   End SQL

参照

arithmetic_expression, SELECT, sql_name, sql_string.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D SQL Referenceコマンドテーマリスト   4D SQL Referenceインデックス   戻る   前   次