リモートマシンからの管理

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Serverテーマリスト   4D Serverインデックス   戻る   前   次

version 11.2


4D Serverマシンを4D (クライアントマシン) から管理できます。これを行うには4D Server管理ウィンドウ (モニタページ参照) をクライアントマシンで開きます。

リモート4Dマシンで管理ウィンドウを開く

クライアントマシンでサーバ管理ウィンドウを開くには、Designer またはAdministrator としてリモートデータベースに接続しなければなりません。そうでないばあい、管理ウィンドウを開こうとするとアクセス権エラー (-9991) が生成されます。

以下の方法を使用できます:

ヘルプメニューから管理ウィンドウコマンドを選択するか、4D ツールバーの対応するボタンをクリックする:

OPEN ADMINISTRATION WINDOW コマンドを実行する

サーバ管理ウィンドウがクライアントマシン上で表示されます:

クライアントマシンでの管理における注意点

サーバ管理ウィンドウを表示しているクライアントマシンは、利用可能なすべての情報にアクセスでき、プロセスを操作したり、サーバを開始/停止したりできます。

しかしながら、クライアントマシン上でサーバ管理ウィンドウが表示されているとき、特定の制限や操作に関する機能があります:

プロセスページで、ユーザプロセスをデバッグすることはできません (デバッグウィンドウはサーバ上に表示されます)。

メンテナンスページですべてのユーザの接続を解除し、サーバの再起動を引き起こす作業を実行できます (圧縮と再起動動作)。この場合、その操作をリクエストしたクライアントマシンは、再起動時に自動で再接続されます。

メンテナンスページで、メンテナンス操作後、レポート表示ボタンはレポートダウンロードボタンとして表示されます。これらのファイルは表示される前に、クライアントマシンのデータベースフォルダにダウンロードされます。

参照

OPEN ADMINISTRATION WINDOW.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Serverテーマリスト   4D Serverインデックス   戻る   前   次