新規に4D Serverデータベースを作成する

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Serverテーマリスト   4D Serverインデックス   戻る   前   次

version 11.2 (Modified)


サーバデータベースを作成、あるいは既存のデータベースを開くには、4D Serverアプリケーションアイコンをダブルクリックして、4D Serverを開きます。

4D Serverのファイルメニューから、新しくデータベースを作成したり、既存のデータベースを開いたりできます。

データベースの作成

新規にデータベースを作成するには、新規> サブメニューの中から一つを選択します:

:

データベース: 空のデータベース、つまりテーブルやフォームが全く含まれていないデータベースを作成するために使用します。このコマンドを選択すると、標準のファイルを保存ダイアログボックスが表示され、データベースの名前と配置場所を指定できます。

テンプレートからデータベースを作成: 準備されたテンプレートを基にしてデータベースを作成し、それをカスタマイズできます。この機能を利用するためには、テンプレートデータベースを格納した"4D Templates"フォルダが4D Server.exe (Windows) や4D Server ソフトウェアパッケージ (Mac OS) と同じ階層になければなりません。このコマンドを選択すると、テンプレートデータベース選択ダイアログが表示されます。

ストラクチャからデータベースを作成: XMLフォーマットのストラクチャ定義を使用して新しいデータベースを作成します。この定義は4Dから書き出すことができます。このコマンドを選択すると、標準のファイルを開くダイアログボックスが表示され、使用するXMLファイルを選択できます。

これらのオプションに関する説明は、Design Referenceマニュアルを参照してください。

データベースを開く

既存のデータベースを開くには、標準のドキュメントを開くダイアログボックスを使用するか ( ファイル>開く... コマンド) 、以前に開いたことのあるデータベースを直接選択します (ファイル>最近使用したデータベースを開くコマンド)。

開くコマンドを選択したときに、既にデータベースが開かれていると、まずそのデータベースが閉じられます。クライアントマシンが接続していると、“すべてのユーザの接続解除を待つ”モードが使用されます (4D Serverを終了する参照)。

Note: インタプリタまたはコンパイル済みストラクチャ (.4db ou .4dc) 、またはショートカットファイル (.4dlink) を4D Serverアプリケーションアイコンにドラッグ&ドロップして、直接既存のデータベースを開くこともできます。


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Serverテーマリスト   4D Serverインデックス   戻る   前   次