クライアント/サーバ接続の暗号化

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Serverテーマリスト   4D Serverインデックス   戻る   前   次

version 11.2 (Modified)


4D Server と4Dリモートワークステーションを使って、暗号化モードで通信するクライアン

ト/サーバ接続を構成することができます。

セキュアなクライアント/サーバ通信はSSL (Secured Socket Layer) プロトコルに基づきます。

SSLプロトコルとクライアント/サーバ接続

SSLプロトコルは2 つのアプリケーション間、主にWebサーバとブラウザでのデータのやり取りを保護する目的で設計されました。SSLプロトコルは送信者と受信者の認証を行い、やり取りする情報の秘匿性および整合性を保証する目的で作られています。SSLプロトコルの詳細については4D Language ReferenceのSSLプロトコルの使用の節を参照してください。

4D Server と4Dクライアントでは、SSL プロトコルで補強されたセキュリティ通信ができます。キーが生成され、4D Server によって、認証と整合性のメカニズムが透過的に処理されます。ユーザが追加の設定をする必要はありません。

Note: クライアント/サーバの暗号化を行うと接続が遅くなります。

設定

ネットワークレベルでは、SSL プロトコルはTCP/IP層(ローレベル)とハイレベルなプロトコルの間に位置します。

“クラシック”なクライアント/サーバアーキテクチャでSSL を使用するためには、4D Server と各4D クライアントマシン上に4DSLI.DLLファイルが適切にインストールされていることを確認してください。これは、SSL管理専用のSecured Layer Interfaceです。このファイルは以下の場所に置かれます:

・Windows: 4Dおよび4D Serverアプリケーションの実行可能ファイルと同階層

・Mac OS: 4Dおよび4D Serverソフトウェアパッケージの[4D Extensions] サブフォルダ内

このファイルはデフォルトでインストールされています。

デフォルトでは、4D Server 接続の暗号化は有効ではありません。このモードを有効にするには、アプリケーション環境設定の“クライアント-サーバ/公開”ページを開き、暗号化エリアのクライアント-サーバ接続の暗号化オプションを選択します。

デフォルトでは、このボックスにチェックは入っていません。

この設定を反映するために、4D Server を終了して再起動してください。

すべての4Dリモートワークステーションが暗号化モードで接続されます。

4Dクライアント接続の暗号化モード

接続ダイアログボックスの利用可ページで、SSLモードで公開されているデータベースの名前の前にはキャレット (^) が表示されます:

Note: 接続ダイアログボックスの利用可ページに表示されないデータベースに接続するために、ユーザはカスタムページでIPアドレスと任意の名前を入力します (4D Serverデータベースへの接続公開 (環境設定)参照)。この場合セキュアモードで公開されているデータベースに接続するにはデータベース名の前に^をつけます。そうでなければ接続は拒否されます。

参照

SSLプロトコルの使用.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Serverテーマリスト   4D Serverインデックス   戻る   前   次