On Server Shutdown データベースメソッド

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Serverテーマリスト   4D Serverインデックス   戻る   前   次

version 6.8 (Modified)


On Server Shutdown データベースメソッドは、カレントのデータベースが4D Server上で閉じられるときに、サーバマシン上で一度呼び出されます。4D Server以外の4D 環境ではOn Server Shutdown データベースメソッドが起動されることはありません。

サーバ上のカレントデータベースを閉じるには、サーバ上でデータベースを閉じる... メニューコマンドを使用します。また4D Serverを終了 メニューコマンドを選択したり、サーバ上で実行されるストアドプロシージャ内でQUIT 4D コマンドを呼び出すこともできます。

データベースの終了が開始されると、4D は次の動作を実行します:

On Server Shutdown データベースメソッドがない場合、4D Server は実行中の各プロセスを区別なく1 つずつアボートします。

On Server Shutdown データベースメソッドがある場合、4D Server は新しく作成されたローカルプロセス内でこのメソッドの実行を開始します。したがって、このデータベースメソッドを使用し、プロセス間通信を介して、他のプロセスに対し、実行を停止するよう通知することができます。結局は、4D Server が終了するという点に注意してください。On Server Shutdown データベースメソッドでは、片付けたり、クローズする操作をすべて実行することができますが、終了を拒否することはできないため、いずれかの時点で終了することになります。

On Server Shutdown データベースメソッドは次の事柄を行うのに最適です:

・データベースが開かれた時に自動的に起動されたストアードプロシージャを停止する

・次のセッションの始めにOn Server Startup データベースメソッドで再使用するために、初期設定や各種設定を(ディスク上にローカルに)保存する

・データベースが終了するたびに自動的に実行させたいその他の動作を実行する

警告: On Server Shutdown データベースメソッドを使用してストアドプロシージャをクローズする場合、サーバは (ストアドプロシージャではなく) On Server Shutdown データベースメソッドが実行されると終了することに留意してください。この時点でストアドプロシージャが起動されていると、それらはキルされます。

このため、サーバによりキルされる前に、ストアドプロシージャが完全に実行されたことを確認したい場合、On Server Shutdown データベースメソッドはストアドプロシージャに対し実行を終了しなければならないことを通知して (f例えばインタープロセス変数を使用)、そして終了を待つようにするべきです (x秒のループや他のインタープロセス変数を使用)。

リモートの4Dがサーバへの接続を停止する時に、クライアントマシン上で自動的にコードを実行させたい場合には、On Exit データベースメソッドを使用してください。

参照

On Server Startup データベースメソッド, データベースメソッド, メソッド.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Serverテーマリスト   4D Serverインデックス   戻る   前   次