AP BLOB to print settings

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D_Packコマンドテーマリスト   4D_Packインデックス   戻る   前   次

version 2004


AP BLOB to print settings (printSettings{; paramType}) 倍長整数

引数Type説明
printSettingsBLOB印刷設定を格納したBLOB
paramType倍長整数0 = レイアウトと印刷, 1 = 印刷
戻り値倍長整数1 = 処理に成功した, 0 = カレントのプリンタがない,
-1 = 引数が正しくない

説明

AP BLOB to print settingsコマンドは、4Dの現在のプリンタ設定をprintSettings BLOBに格納された内容で置き換えます。このBLOBはAP Print settings to BLOB コマンドで生成されていなければなりません。

printSettings 引数は2つのタイプのパラメタを含んでいます:

・レイアウトパラメタ: 用紙、方向、倍率

・印刷パラメタ: 枚数、用紙トレーなど

印刷パラメタのみをロードするよう指定できます。

paramType に0を渡すかこの引数を省略すると、すべてのパラメタが使用されます。1を渡すと、印刷パラメタのみが使用されます。レイアウトパラメタは変更されません。

新しい印刷パラメタは、PAGE SETUPSET PRINT OPTION、または>引数なしのPRINT SELECTIONなどのコマンドが設定を変更するまで、データベース全体およびすべてのセッションに適用されます。

設定されたパラメタは特にPRINT SELECTIONPRINT LABELPRINT RECORDPrint form、そしてQR REPORTコマンドや、デザインモードを含む印刷メニューで使用されます。

AP BLOB to print settingsで定義した設定を保持するためには、PRINT SELECTIONPRINT LABEL、そしてPRINT RECORDコマンドを> 引数 (可能であれば) 付きで呼び出さなければなりません。

Note: 印刷設定はWindowsとMac OSで異なるフォーマットが使用されています。その結果、2つのプラットフォーム間でのprintSettings BLOBの互換性は保証されていません。

BLOBが正しくロードされると、コマンドは1を返します。カレントプリンタが選択されていなければ0が、BLOBが正しくなければ-1が返されます。

参照

AP Print settings to BLOB.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D_Packコマンドテーマリスト   4D_Packインデックス   戻る   前   次