AP ShellExecute

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D_Packコマンドテーマリスト   4D_Packインデックス   戻る   前   次

version 11 (Modified)


互換性メモ: このコマンドは廃止予定です。これは互換性のために残されていて、将来のバージョンで削除されます。4DのLAUNCH EXTERNAL PROCESS コマンドの利用を強く推奨します。4D v11.0より、AP ShellExecuteはWindowsでのみ動作します。

AP ShellExecute (fileName{; mode{; param}}) 倍長整数

引数Type説明
fileName文字列起動するファイルやドキュメントの名称
mode倍長整数起動時のウィンドウのステータス
paramテキストアプリケーションパラメタ
戻り値倍長整数0: コマンドの実行に成功した;
0以外の場合、システムエラー

Note: このコマンドはWindowsでのみ動作します。Mac OS上では効果がありません。

説明

AP ShellExecute コマンドを使用して、4Dデータベースからアプリケーションを起動したり、ドキュメントを開いたりできます。

fileName 引数には、起動するファイルの名前または完全なアクセスパスを渡します。開くアプリケーションやドキュメントが、ストラクチャファイルと同階層にある場合のみ、ファイ名や相対アクセスパスを渡せます。

ドキュメント名を渡すと、Windowsが関連付けられたアプリケーションの実行を管理します。

mode 引数を使用して、アプリケーションが起動されるウィンドウの表示モードを指定できます:

・0を渡すと、ウィンドウは普通です;

・1を渡すと、ウィンドウはフルスクリーンです;

・2を渡すと、ウィンドウは最小化され、Windowsのタスクバーに表示されます。

param 引数を使用して、起動されるアプリケーションで必要な追加の引数を渡すことができます。例えば、このコマンドを使用してWebブラウザを起動する場合、この引数に特定のURLを渡せます。

例題

1. この例題は、メインディスクのルートにある、Wordドキュメントを開きます:

   $err:=AP ShellExecute ("C:\Test.doc")

2. この例題は、デフォルトブラウザをフルスクリーンモードで開き、4Dサイトに接続します:

   $err:=AP ShellExecute ("www.4d.fr";"1")

3. この例題はデフォルトのインターネットブラウザが何であれ、Netscapeをフルスクリーンで開き、4Dサイトに接続します:

   $err:=AP ShellExecute ("C:\Program Files\Netscape\NETSCAPE.EXE";"1";"www.4d.fr")

4. この例題はWindows Explorerを通常のウィンドウで開き、Musicフォルダの中身を表示します:

   $err:=AP ShellExecute ("C:\WINDOWS\explorer.exe";0;"C:\Music")

参照

LAUNCH EXTERNAL PROCESS.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D_Packコマンドテーマリスト   4D_Packインデックス   戻る   前   次