AP fopen

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D_Packコマンドテーマリスト   4D_Packインデックス   戻る   前   次

version 6.0


互換性メモ: このコマンドは廃止予定です。このコマンドは互換性のためのみに残されていて、将来のバージョンでは削除されます。4Dの"通信"テーマのコマンドの利用を強くお勧めします。

AP fopen (file | port; mode) 倍長整数

引数Type説明
file | port文字列開くファイル名またはポート
mode整数開くモード
0 = 書き込みのみ
1 = 読み込みのみ
戻り値倍長整数AP FPRINTで使用される値, または
ファイルやポートが開けなかった場合0

説明

AP fopen コマンドは“fopen” ANSI C コマンドを呼び出し、シリアルまたはパラレル (Windows) ポートを開いたり、直接ファイルを作成したりするために使用します。

この関数から返される値は、AP FPRINT コマンドを使用してポート経由で書き込みを行ったり、ファイルに書き込みを行ったりするために使用します。開かれたポートやファイルは、AP FCLOSEコマンドで閉じます。.

Note: Mac OSでは、この関数はファイルの作成のみに使用できます。

例題

1. パラレルポート上で "hello world" を書き込みます:

   port:=AP fopen ( "LPT1";0 )
   AP FPRINT ( port; "hello world" )
   AP FCLOSE ( port )

2. シリアルポート上で "hello world" を書き込みます:

   port:=AP fopen ( "COM1";0 )
   AP FPRINT ( port; "hello world" )
   AP FCLOSE ( port )

3. ファイルに "hello world" を書き込みます:

   port:=AP fopen ( "C:\myfile.txt";0 )
   AP FPRINT ( port; "hello world" )
   AP FCLOSE ( port )

4. ファイルを読み込みます:

   port:=AP fopen ( "C:\myfile.txt";1 )
   MyVar:=AP fread ( port )
   AP FCLOSE ( port )

参照

AP FPRINT.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D_Packコマンドテーマリスト   4D_Packインデックス   戻る   前   次