SMTP_Auth

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次

version 2003 (Modified)


SMTP_Auth (smtp_ID; userName; password{; authMode}) 整数

引数タイプ説明
smtp_ID倍長整数メッセージ参照
userName文字列SMTP認証で使用するユーザ名
password文字列SMTP認証で使用するパスワード
authMode整数使用する認証モード:
0 または省略 = サーバが指定するモード
1= PLAIN, 2 = LOGIN, 3 = CRAM-MD5
戻り値整数エラーコード

説明

SMTP_Auth コマンドは、認証を要求するSMTPサーバを使用してメールを送信する場合に使用します。スパムなどの目的でメッセージや送信者の偽装リスクを軽減するために、SMTPサーバはこのような認証を要求します。

このコマンドは userName および passwordが空でない場合にのみ実行されるため、認証が必要であるかないかにかかわらず使用できます。

smtp_IDSMTP_New コマンドで作成されるメールメッセージ参照です。

userName はSMTPサーバに認証のために送信されるユーザ名です。

password はSMTPサーバに認証のために送信されるパスワードです。

Note: userName または password が空の文字列の場合、SMTP_Auth コマンドは実行されません。

オプションのauthMode 引数を使用して、使用する認証モードを強制することができます。

・0を渡した場合、SMTP_Auth コマンドで使用される認証モードは、サーバがサポートするモードのうち最も安全性の高いモードとなります (CRAM-MD5, LOGIN そののち PLAIN)。

・1を渡した場合、認証モードはPLAINが使用されます。

・2を渡した場合、認証モードはLOGINが使用されます。

・3を渡した場合、認証モードはCRAM-MD5が使用されます。

authModeが省略されると、デフォルトで0が使用されます。この引数で指定された認証モードがSMTPサーバでサポートされていない場合、エラーが返されます。

例題

この例題では、4Dデータベースに格納された特定のフィールドの内容に基づき、メッセージが認証ありまた話で送信されます:

   C_INTEGER($vError)
   C_LONGINT($vSmtp_id)
   C_STRING(30;$vAuthUserName;$vAuthPassword)

   $vError:=SMTP_New($vSmtp_id)
   $vError:=SMTP_Host($vSmtp_id;"wkrp.com")
   $vError:=SMTP_From($vSmtp_id;"herb_tarlick@wkrp.com")
   $vError:=SMTP_Subject($vSmtp_id;"Are you there?")
   $vError:=SMTP_To($vSmtp_id;"Dupont@wkrp.com")
   $vError:=SMTP_Body($vSmtp_id;"Can we have a meeting?")

      ` サーバが認証を要求する場合、以下のフィールドには認証情報が含まれる
      ` そうでない場合、空の文字列が返される
   $vAuthUserName:=[Account]AuthUser
   $vAuthPassword:=[Account]AuthPass

   $vError:=SMTP_Auth($vSmtp_id;$vAuthUserName;$vAuthPassword)
   $vError:=SMTP_Send($vSmtp_id)
   $vError:=SMTP_Clear($vSmtp_id)

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次