MSG_SetPrefs

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次

version 6.8.1


MSG_SetPrefs (stripLineFeed; msgFolder; attachFolder) 整数

引数Type説明
stripLineFeed整数0 = LFを保持する, 1 = LFを取り除く,
-1 = 変更しない
msgFolderテキストメッセージフォルダパス ("" = 変更しない)
attachFolderテキスト添付フォルダパス ("" = 変更しない)
戻り値整数エラーコード

説明

MSG_SetPrefs コマンドは、MSGコマンドの環境を設定します。

stripLineFeed は、ダウンロードしたメッセージでラインフィードをどのように扱うかを指定する整数値です。ほとんどのインターネットメッセージでは行の終了を示すためにCR/LFの組を使用しています。Macintoshアプリケーションは改行コードとしてキャリッジリターンのみを使用します。このオプションを使用してメッセージテキストからラインフィード文字を取り除くことができます。0を設定すると、メッセージはそのままになります。1を指定すると、メッセージからラインフィードが取り除かれます。-1は以前の設定を変更しないことを意味します。デフォルト値は1で、メッセージのラインフィードは取り除かれます。

msgFolder は、取得したメッセージが格納されているフォルダのローカルパスです。

互換性メモ (version 6.8.1): MSG_SetPrefs コマンドが使用されていない場合、POP3_SetPrefsstripLineFeedmsgFolder引数が考慮されます。MSG_SetPrefs コマンドが使用されると、POP3_SetPrefsの引数は無視されます。

attachFolder は添付を格納するフォルダのパスで、MSG_Extract コマンドがメッセージから添付を取り出す際、このフォルダに格納します。

互換性メモ (version 6.8.1): この引数はPOP3_SetPrefsMSG_SetPrefsに存在します。これらいずれかのコマンドを使用してこの設定を変更できます。

MSG_SetPrefs コマンドの利用を強く推奨します。POP3_SetPrefs 引数は互換性のために残されており、将来使われなくなります。POP3_SetPrefs コマンドのattachFolder 引数はオプションです。この引数を使用しないことを強くお勧めします。この推奨はPOP3_GetPrefsにも当てはまります。

参照

IMAP_Download, IMAP_SetPrefs, MSG_Extract, POP3_DownLoad, POP3_SetPrefs.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次