IMAP_UIDToMsgNum

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次

version 6.8.1


IMAP_UIDToMsgNum (imap_ID; unique_ID; msgNum) 整数

引数タイプ説明
imap_ID倍長整数IMAPログイン参照
unique_ID倍長整数メッセージユニークID値
msgNum倍長整数メッセージ番号
戻り値整数エラーコード

説明

IMAP_UIDToMsgNum コマンドは、メッセージのunique_ID値を、imap_IDで参照されるカレントのメールボックス中のメッセージリストの現在のmsgNumに変換します。特定のメッセージのメッセージ番号は、メールリストの他の項目に相対的であるため、このコマンドはメッセージの現在の位置を取得するために使用できます。

imap_IDIMAP_Loginで作成されるIMAPログイン参照です。

unique_ID はメッセージの Unique ID を指定します。

msgNum には、unique_IDで指定された項目の、現在のメッセージ番号 (現在のメッセージリスト中の位置) が返されます。サーバ上でunique_IDが見つからない場合、msgNumに0が返され、エラーは生成されません。

参照

IMAP_MsgNumToUID, IMAP_SetCurrentMB.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次