IMAP_MsgLst

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次

version 6.8.1


IMAP_MsgLst (imap_ID; startMsg; endMsg; msgHeaderArray; msgNumArray; msgIdArray; msgValueArray) 整数

引数タイプ説明
imap_ID倍長整数IMAPログイン参照
startMsg倍長整数開始メッセージ番号
endMsg倍長整数終了メッセージ番号
msgHeaderArray文字|テキスト配列取り出すヘッダ配列
msgNumArray倍長整数配列メッセージ番号配列
msgIdArray倍長整数配列ユニークメッセージID配列
msgValueArray2D文字|テキスト配列ヘッダ値の二次元配列
戻り値整数エラーコード

説明

IMAP_MsgLst コマンドは、メールボックスの内容の特定の情報を取得するために使用します。このコマンドを使用して、メッセージリストの特定の列をリクエストできます。このコマンドはヘッダの項目値のみを返すことができます。ボディを取得することはできません。必要に応じてヘッダの内容はデコードされ変換されます。 (デコードと変換のルールについてはPOP3_Charsetの説明を参照)。

imap_IDIMAP_Loginで作成されるIMAPログイン参照です。

startMsg は情報を取得するメッセージリストの開始メッセージ番号です。メッセージ番号は現在処理対象のメールボックス中のすべてのメッセージにおける、メッセージの位置を表します。

endMsg は情報を取得するメッセージリストの終了メッセージ番号です。メッセージ番号は現在処理対象のメールボックス中のすべてのメッセージにおける、メッセージの位置を表します。

Note: IMAP_Delete, IMAP_MsgLstInfo, IMAP_MsgLst, IMAP_SetFlags, IMAP_GetFlags そしてIMAP_CopyToMBコマンドは、startMsgendMsgよりも大きい場合でもエラーを返しません。この場合、コマンドは何も行いません。

msgHeaderArray は取り出すメールヘッダを指定する文字配列またはテキスト配列です。

msgNumArray は、startMsgからendMsgまでのそれぞれのメッセージ番号を受け取る倍長整数配列です。

msgIdArray は、startMsgからendMsgまでのそれぞれのメッセージユニークIDを受け取る倍長整数配列です。

msgValueArray 二次元配列で、msgHeaderArrayで指定されたヘッダの値を受け取ります。リクエストされたそれぞれのヘッダは、msgValueArrayの一次元目に対応する配列をもちます。

例題

   aHeaders{1}:="Date:"
   aHeaders{2}:="From:"
   aHeaders{3}:="Subject:"
   IMAP_MsgLst (IMAP_ID;vStart;vEnd;aHeaders;aMsgNum;aMsgId;aValues)

aValues{1}{1} は“Thu, 19 November 1998 00:24:02 -0800”

aValues{2}{1} は“Jack@4d.com”

aValues{3}{1} は“Call your wife”

エラーは以下のように処理されます:

1) 通信に関連するエラーのみが返されます。コマンドがネットワークやシンタックス、サーバなどのエラーのため正しく実行できなかった場合、対応するエラーコードが返されます。

2) 指定された範囲のメッセージが存在しなかった場合やエラーを受け取った場合、

・そのメッセージの配列要素は作成されません。

・エラーコードは返されません。

3) 指定したヘッダが一部あるいはすべて、メッセージ中で全く見つからなかった場合、エラーは生成されません。

・メッセージの配列要素は作成されます。

・メッセージ番号配列とユニークID配列の要素には正しい値が返されます。

・メッセージに存在しないヘッダに対しては、配列要素に空の文字列が返されます。

・エラーコードは返されません。

参照

IMAP_MsgLstInfo.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次