IMAP_MsgLstInfo

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次

version 6.8.1


IMAP_MsgLstInfo (imap_ID; startMsg; endMsg; msgSizeArray; msgNumArray; msgIdArray) 整数

引数タイプ説明
imap_ID倍長整数IMAPログイン参照
startMsg倍長整数開始メッセージ番号
endMsg倍長整数終了メッセージ番号
msgSizeArray倍長整数配列サイズ配列
msgNumArray倍長整数配列メッセージ番号配列
msgIdArray倍長整数配列ユニークメッセージID配列
戻り値整数エラーコード

説明

IMAP_MsgLstInfo コマンドは (IMAP_SetCurrentMB コマンドで指定された) 現在処理対象のメールボックスの、一連のメッセージに関する情報を返します。情報は三つの配列に返され、配列のそれぞれの要素は一つのメッセージに対応します。メッセージサイズや番号に関する情報が返されます。配列は事前に定義されていなければなりません。IMAP_MsgLstInfo コマンドはそれぞれの配列サイズをメッセージ数にリセットします。

IMAP_MsgLstInfo コマンドは、カレントのメッセージリスト中のメッセージの取得に失敗しても、エラーは返しません。エラーが発生すると、そのメッセージの配列要素は作成されません。コマンドがメッセージを読み込むと、msgNumArrayには順番に数値が格納されます。問題があった場合には、msgNumArray配列に格納された数値に抜けが生じます。

imap_IDIMAP_Loginで作成されるIMAPログイン参照です。

startMsg は情報を取得するメッセージリストの開始メッセージ番号です。メッセージ番号は現在処理対象のメールボックス中のすべてのメッセージにおける、メッセージの位置を表します。

endMsg は情報を取得するメッセージリストの終了メッセージ番号です。メッセージ番号は現在処理対象のメールボックス中のすべてのメッセージにおける、メッセージの位置を表します。

Note: IMAP_Delete, IMAP_MsgLstInfo, IMAP_MsgLst, IMAP_SetFlags, IMAP_GetFlags そしてIMAP_CopyToMBコマンドは、startMsgendMsgよりも大きい場合でもエラーを返しません。この場合、コマンドは何も行いません。

sizeArray は、startMsgからendMsgまでのそれぞれのメッセージサイズを受け取る倍長整数配列です。

msgNumArray は、startMsgからendMsgまでのそれぞれのメッセージ番号を受け取る倍長整数配列です。

msgIdArray は、startMsgからendMsgまでのそれぞれのメッセージユニークIDを受け取る倍長整数配列です。

参照

IMAP_SetCurrentMB.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次