IMAP_Delete

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次

version 6.8.1


IMAP_Delete (imap_ID; startMsg; endMsg) 整数

引数タイプ説明
imap_ID倍長整数IMAPログイン参照
startMsg倍長整数開始メッセージ番号
endMsg倍長整数終了メッセージ番号
戻り値整数エラーコード

説明

IMAP_Delete コマンドは、startMsgからendMsgの範囲のメッセージに\Deletedフラグを設定し、\Deletedフラグが設定されたメッセージを削除します (現在のセッションですでに\Deletedフラグが設定されていたメッセージを含む)。削除はIMAPサーバで実行され、接続を閉じる (IMAP_Logout) または他のメールボックスを選択する (IMAP_SetCurrentMB) またはカレントのメールボックスを閉じる (IMAP_CloseCurrentMB) 時に行われます。

すぐに削除したくない場合、IMAP_SetFlags コマンドを使用して、後ほど削除するメッセージに\Deletedフラグを設定します。

imap_IDIMAP_Loginで作成されるIMAPログイン参照です。

startMsg は削除するメッセージの開始メッセージ番号です。

endMsg は削除するメッセージの終了メッセージ番号です。

Note: IMAP_Delete, IMAP_MsgLstInfo, IMAP_MsgLst, IMAP_SetFlags, IMAP_GetFlags そしてIMAP_CopyToMBコマンドは、startMsgendMsgよりも大きい場合でもエラーを返しません。この場合、コマンドは何も行いません。

参照

IMAP_CloseCurrentMB, IMAP_Logout, IMAP_SetCurrentMB, IMAP_SetFlags.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次