IMAP_Login

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次

version 6.8.1


IMAP_Login (hostName; userName; password; imap_ID) 整数

引数タイプ説明
hostName文字列IMAPサーバのホスト名またはIPアドレス
userName文字列ユーザ名
password文字列パスワード
imap_ID倍長整数IMAPログイン参照
戻り値整数エラーコード

説明

IMAP_Login コマンドは、ユーザ名とパスワードを使用して、IMAPサーバにログインします。

このログインの結果、他のIMAPコマンドで使用するimap_IDにログイン参照が返されます。

接続はIMAP_Logout コマンドの実行またはIMAPサーバの無動作タイマがタイムアウトしたときに閉じられます。

hostName はIMAPサーバのホスト名またはIPアドレスです。ホスト名の利用を推奨しますが、必要であればIPアドレスを使用することもできます。

userName はIMAPサーバにログインするためのユーザ名です。

password はIMAPサーバにログインするためのパスワードです。

imap_ID は倍長整数変数で、ログイン参照が返されます。この引数には値を受け取るために、倍長整数変数を渡さなくてはなりません。この変数は、このセッションに関連するアクションを行うIMAPコマンドで使用されます。

IMAP_Loginに失敗すると、imap_IDには0が設定されます。

例題

接続シーケンスは以下のようになります:

   $ErrorNum:=IMAP_Login (vHost;vUserName;vUserPassword;vImap_ID)
   If($ErrorNum =0)
      C_TEXT(vCapability)
      $ErrorNum:=IMAP_Capability (vImap_ID;vCapability))
      … ` IMAP コマンドはvImap_IDを使用する
   End if
   $ErrorNum:=IMAP_Logout (vImap_ID)

参照

IMAP_Logout, IMAP_VerifyID.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次