IMAP_SetPrefs

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次

version 6.8.1


IMAP_SetPrefs (stripLineFeed; msgFolder) 整数

引数タイプ説明
stripLineFeed整数0 = ラインフィードを保持する, 1 = ラインフィードを取り除く,
-1 = 変更しない
msgFolderテキストメッセージフォルダパス ("" = 変更しない)
戻り値整数エラーコード

説明

IMAP_SetPrefsコマンドはIMAPコマンドの環境設定を行います。

stripLineFeed は保存されるメッセージでラインフィードを処理する方法を指定します。ほとんどのIMAPサーバは、行の終端としてキャリッジリターンとラインフィードの組を使用します。Macintoshアプリケーションは行の終端としてキャリッジリターンのみを使用します。このオプションはメッセージテキストからラインフィードを取り除くかどうかを指定します。0を渡すと、受信したメッセージをIMAPサーバに格納されたフォーマットそのままにします。1を渡すと、受信したメッセージからラインフィードを取り除きます。-1を渡すと以前に環境設定に設定した値そのままにします。デフォルトの設定値は1で、ラインフィードを自動で取り除きます。

msgFolderは、IMAP_Downloadコマンドで受信したメッセージの格納先フォルダを指定するローカルパス名です。

参照

IMAP_Download, IMAP_GetPrefs.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次