TCP_SendBLOB

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次

version 6.7


TCP_SendBLOB (tcp_ID; blobToSend) 整数

引数Type説明
tcp_ID倍長整数TCPセッション参照
blobToSendBLOB送信するBlob
戻り値整数エラーコード

説明

TCP_SendBLOB コマンドは、tcp_IDで参照されるTCPセッションにデータを送信します。このコマンドは、32kの制限があるテキストの代わりにBlobを送信すること以外、TCP_Sendコマンドと同じ動作を行います。このコマンドを使用するとバイナリオブジェクトを送信できるようになります。

tcp_ID は、TCP_Open または TCP_Listen コマンドで確立されたTCPセッション参照です。

blobToSend は、tcp_IDで参照されるTCPセッションに送信するBLOBです。

プラットフォーム独立性に関する注意: MacintoshとPCプラットフォーム間でBLOBを送受信する場合、必要に応じてバイトスワッピングを管理するのは開発者の仕事です。

例題

この例題ではTCPセッションにBLOBを送信します:

   C_BLOB($Blob_Send)
   C_TEXT(v_Txt_Send)
   TEXT TO BLOB(v_Txt_Send;$Blob_Send; Text without length;*)
   $err:=TCP_SendBLOB (v_tcp_ID;$Blob_Send)

参照

TCP_Listen, TCP_Open, TCP_ReceiveBLOB, TCP_Send.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次