POP3_Charset

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次

version 6.8.1 (Modified)


POP3_Charset (decodeHeaders; bodyCharset) 整数

引数タイプ説明
decodeHeaders整数-1 = 現在の設定を使用, 0 = 管理しない,
1 = ISO-8859-1またはISO-2022-JPの場合、
Mac OS文字セットに変換、拡張文字をデコード
bodyCharset整数-1 = 現在の設定を使用, 0 = 管理しない,
1 = ISO-8859-1またはISO-2022-JPの場合、
Mac OS文字セットに変換
戻り値整数エラーコード

説明

POP3_Charset コマンドはPOP3やMSGコマンドでメッセージを処理する際の、拡張文字の自動サポートを設定します。このコマンドが呼び出されないか引数に0が設定されていると、バージョン6.7以降の4D Internet Commandsはバージョン6.5.xと同様に動作します。

POP3_Charset を使用してまずヘッダの拡張文字のデコードの管理方法を指定し、次にメッセージボディとヘッダの文字セットの変換の管理を指定します。

このコマンドは、“Subject” やメールアドレスなどのメッセージヘッダに含まれる拡張文字のサポートに有用です (例えば“=?ISO-8859-1?Q?Test=E9?= <test@n.net >”のようなメールアドレスのデコード)。

decodeHeaders 引数は、POP3_MsgLstMSG_FindHeader (互換性の注意を参照) コマンドが実行される際に、ヘッダのデコードや変換の処理方法を指定します。デフォルト値は0です。

? -1: 現在の設定を使用

? 0: 管理しない

? 1: 必要に応じてヘッダをデコードする。デコードが行われまた指定された文字セットがISO-8859-1またはISO-2022-JPである場合、ヘッダはそれぞれMac OS ASCIIやShift-JISで変換されます。

互換性の注意 (version 6.8.1): MSG_Charset コマンドが事前に実行されていなければ、POP3_CharsetはPOP3_MsgLstと同様にMSG_FindHeaderにも適用されます。

bodyCharset 引数は、MSG_GetBody (互換性の注意を参照) コマンドが実行される際に、メッセージボディの文字セットの変換方法を指定します。デフォルト値は0です。

? -1: 現在の設定を使用

? 0: 管理しない

? 1: “Body-Content-Type”の文字セットがISO-8859-1またはISO-2022-JPに設定されている場合、メッセージボディはそれぞれMac OS ASCIIやShift_JISに変換されます。

互換性の注意 (version 6.8.1): MSG_Charset コマンドが事前に実行されていなければ、POP3_CharsetはMSG_GetBody にも適用されます。

例題

1. 4D Internet Commands version 6.5.x使用時:

   $Err:=MSG_FindHeader($msgfile;"From";$from)
   $from:=ISO to Mac($from)
   $Err:=MSG_FindHeader($msgfile;"To";$to)
   $to:=ISO to Mac($to)
   $Err:=MSG_FindHeader($msgfile;"Cc";$cc)
   $cc:=ISO to Mac($cc)
   $Err:=MSG_FindHeader($msgfile;"Subject";$subject)
   $subject:=ISO to Mac($subject)

   $Err:=MSG_MessageSize($msgfile;$HdrSize;$BdySize;$MsgSize)
   $Err:=MSG_GetBody($msgfile;0;$BdySize;$BodyContent)
   $BodyContent:=ISO to Mac($BodyContent)

2. 4D Internet Commands version 6.7使用時:

   $Err:=POP3_Charset(1;1)
   $Err:=MSG_FindHeader($msgfile;"From";$from)
   $Err:=MSG_FindHeader($msgfile;"To";$to)
   $Err:=MSG_FindHeader($msgfile;"Cc";$cc)
   $Err:=MSG_FindHeader($msgfile;"Subject";$subject)

   $Err:=MSG_MessageSize($msgfile;$HdrSize;$BdySize;$MsgSize)
   $Err:=MSG_GetBody($msgfile;0;$BdySize;$BodyContent)

3. 4D Internet Commands version 6.8使用時:

   $Err:=MSG_Charset(1;1)
   $Err:=MSG_FindHeader($msgfile;"From";$from)
   $Err:=MSG_FindHeader($msgfile;"To";$to)
   $Err:=MSG_FindHeader($msgfile;"Cc";$cc)
   $Err:=MSG_FindHeader($msgfile;"Subject";$subject)

   $Err:=MSG_MessageSize($msgfile;$HdrSize;$BdySize;$MsgSize)
   $Err:=MSG_GetBody($msgfile;0;$BdySize;$BodyContent)

参照

MSG_Charset, SMTP_Charset.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次