FTP_SetPassive

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次

version 6.5.3 (Modified)


FTP_SetPassive (ftpID; passiveMode) 整数

引数Type説明
ftpID倍長整数FTPログイン参照
passiveMode整数0=Activeモード, 1=Passiveモード (デフォルト)
戻り値整数エラーコード

説明

FTP_SetPassive コマンドは、FTP_GetDirList, FTP_Send, FTP_Append, FTP_Receiveなどのコマンドを実行する際の、FTPサーバとクライアント間のデータストリーム転送モードを設定します。データストリーム転送モード設定は、FTP_SetPassiveが一度実行されるとこれらのコマンドに適用されます。

FTPサーバとクライアント間の転送は、二つのストリームに基づき行われます: コントロールストリーム (デフォルトでポート21) とデータストリーム (デフォルトでポート20)。通常、FTPサーバはデータ接続を開いて管理するために、"active"に定義されています。

歴史的な理由から、4D Internet CommandsはPassiveモードでFTPサーバへのデータストリーム転送モードを開こうとします。つまりデータストリームの交換を開始する前に、FTP コマンド "PASV"が送信されます。

しかし、いくつかのFTPサーバはPassiveモードをサポートせず、またファイアウォールが禁止している場合もあります。このような場合、カレントのデータストリーム転送モードをActiveにする必要があります。

Note: FTPで使用するモードをPassiveにするかActiveにするか、ネットワーク管理者に問い合わせる必要があります。

ftp_ID は、FTP_Loginにより確立されたFTPセッション参照です。

passiveMode 引数はデータストリーム転送モードを指定します:

・0を指定すると、FTPサーバにActiveモードで通信を行います。

・1を指定すると、FTPサーバにPassiveモードで通信を行います。(デフォルト)

参照

FTP_GetPassive.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次