IT_Decode

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次

version 6.8.1 (Modified)


IT_Decode (fileName; decodedFile; decodeMode) 整数

引数Type説明
fileNameテキストエンコードされたファイルのLocalPath
decodedFileテキストLocalPathファイル定義
デコードされたファイルのパス
decodeMode整数1 = BinHex
2 = Base64 (データフォークのみ)
3 = AppleSingle
4 = AppleDouble
5 = AppleSingle および Base64
6 = AppleDouble および Base64
7 = UUEncode
8 = MacBinary
戻り値整数エラーコード

説明

IT_Decode コマンドはdecodeMode で指定された方法でファイルをデコードします。指定されたファイルは変更されずデコードされたコピーが作成されます。

fileName にはデコードするファイルへのフルパス名を渡します。この引数に空の文字列を渡すと、ファイルを選択ダイアログが表示されます。

decodedFile には以下を渡すことができます:

・デコードされたファイルの格納場所と名前を指定するフルパス名。

・デコードされたファイルを格納するフォルダを指定するフルパス。ファイル名は元のファイル名が使用されます。

・空の文字列。この場合、IT_Decode コマンドはデコード対象ファイルと同階層にデコード済みファイルを作成します。

指定されているかいないかにかかわらず、デコードされたドキュメントの格納先パス名がこの引数に返されます。

decodeMode はファイルに適用するデコード方法を指定します。デフォルト値は1でbinhexデコードが指定されます。指定可能な方法は以下のとおり:

コードスキーム
1BinHex
2Base64 (データフォークのみ)
3AppleSingle
4AppleDouble
5AppleSingle および Base64
6AppleDouble および Base64
7UUEncode
8MacBinary

デコードにAppleDouble (コード 4 & 6) を使用する場合、このコマンドはリソースフォークファイル"%filename"を探します。

参照

FTP_MacBinary, FTP_Receive, IT_Encode.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次