IT_Encode

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次

version 6.8.1 (Modified)


IT_Encode (fileName; encodedFile; encodedMode) 整数

引数Type説明
fileNameテキストファイルへのLocalPath
encodedFileテキストLocalPathファイル定義
エンコードされた結果ファイルのパス
encodedMode整数1 = BinHex
2 = Base64 (データフォークのみ)
3 = AppleSingle
4 = AppleDouble
5 = AppleSingle および Base64
6 = AppleDouble および Base64
7 = UUEncode
8 = MacBinary
戻り値整数エラーコード

説明

IT_Encode コマンドは、encodeModeで指定された方法でファイルをエンコードします。指定されたファイルは変更されず、エンコードされたコピーが作成されます。エンコードされたファイルは元の名前にエンコード方法を示す拡張子が付加されたファイル名で作成されます。Binhexエンコードの場合、拡張子".hqx"が追加されます。Base64エンコードの場合、拡張子".b64"が追加されます。AppleSingleエンコードの場合、拡張子".as"が追加されます。

fileName にはエンコードするファイルへのフルパス名を渡します。この引数に空の文字列を渡すと、ファイルを選択ダイアログが表示されます。

encodedFile には以下を渡すことができます:

・エンコードされたファイルの格納場所と名前を指定するフルパス名。

・エンコードされたファイルを格納するフォルダを指定するフルパス (ファイル名なし)。ファイル名は元のファイル名にエンコード方法を示す拡張子が付けられたものとなります。

・空の文字列。この場合、IT_Encode コマンドはエンコード対象ファイルと同階層にエンコード済みファイルを作成します。

指定されているかいないかにかかわらず、エンコードされたドキュメントの格納先パス名がこの引数に返されます。指定されたディレクトリで名前の衝突の可能性があるので、エンコードしたファイルの格納先としては、引数として渡した値ではなく、常にこの返された値を参照すべきです。

encodeMode はファイルに適用するエンコード方法を指定します。デフォルト値は1でbinhexエンコードが指定されます。指定可能なエンコーディングは以下のとおり:

コードスキーム
1BinHex
2Base64 (データフォークのみ)
3AppleSingle
4AppleDouble
5AppleSingle および Base64
6AppleDouble および Base64
7UUEncode
8MacBinary

エンコードがAppleDouble (コード 4 & 6) を使用する場合、二つのファイル"%filename" と "filename"が作成されます。

参照

IT_Decode.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次