TCP_State

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次

version 6.5


TCP_State (tcp_ID; statusCode) 整数

引数Type説明
tcp_ID倍長整数TCP接続参照
statusCode整数TCPステータスコード
戻り値整数エラーコード

説明

TCP_State コマンドは特定のTCP接続のステータスに対応する整数値を返します。

tcp_ID は、TCP_Open または TCP_Listen コマンドで確立されたTCPセッション参照です。

statusCode には以下のステータスコードのいずれかが返されます。

0接続は閉じている
2接続待ち受け中
8接続確立

例題

この例題では、有効なTCP接続が確立されていて、$tcp_idに接続参照が含まれているとします。この例題では、コマンドはサーバにWebページをリクエストし、結果を受け取るためループに入ります。Webサーバはレスポンス送信後に自動で接続を閉じるため、この例題は接続が閉じられるかエラーが発生するまで受信を続けます。

   C_LONGINT($tcp_id)
   C_INTEGER(vState;$err)
   C_TEXT($command;$buffer;$response)
   If (TCP_Send ($tcp_id;$command)=0)
      vState:=0
      Repeat
         $err:=TCP_Receive ($tcp_id;$buffer)
         $err:=TCP_State ($tcp_id;vState)
         $response:=$response+$buffer
      Until ((vState=0) | ($err#0))
   End if 

参照

TCP_Listen, TCP_Open.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次