TCP_Receive

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次

version 6.5


TCP_Receive (tcp_ID; text) 整数

引数Type説明
tcp_ID倍長整数TCPセッション参照
textテキスト受信したテキスト
戻り値整数エラーコード

説明

確立されたTCPセッション参照を指定し、TCP_Receive コマンドはtextにパケットデータを受け取ります。

tcp_ID は、TCP_Open または TCP_Listen コマンドで確立されたTCPセッション参照です。

text には受信したテキストが格納されます。TCPパケットのデータを受信するとき、一回のTCP_Receiveの呼び出しですべてのデータを受信できるとは限りません。TCP_Receive コマンドは通常、接続ステータスや特定の値をチェックしながら、Repeatループの中で使用されます。

例題

   C_LONGINT($tcp_id)
   C_TEXT($webpage;$buffer)
   C_INTEGER(vState;$error)
   $webpage:=""
   vState:=0
   Repeat 
      $error:=TCP_Receive ($tcp_id;$buffer)
      $error:=TCP_State ($tcp_id;vState)
      $webpage:=$webpage+$buffer
   Until ((vState=0) | ($error#0))  ` ホストが接続を閉じるか、エラーが発生するまで

参照

TCP_Send, TCP_SendBLOB.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次