FTP_Receive

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次

version 6.5


FTP_Receive (ftp_ID; hostPath; localPath; progress) 整数

引数Type説明
ftp_ID倍長整数FTPログイン参照
hostPathテキスト受信するドキュメントのパス名
localPathテキストドキュメントの保存先パス名
結果ファイルパス名 (""が渡された場合)
progress整数0 = 進捗を隠す, 1 = 進捗を表示する
戻り値整数エラーコード

説明

FTP_Receive コマンドはFile Transfer Protocolを使用して、hostPathで指定した場所からファイルを受信します。FTP_Receiveは保存先に既にドキュメントが存在する場合、エラー-48を返します。

ftp_ID は、FTP_Loginにより確立されたFTPセッション参照です。

hostPath には受信するドキュメントのパスを指定します。hostPathがドキュメントへのフルパスでない場合、コマンドはエラーを返します。パスはUnix形式で指定し、スラッシュ ("/") で区切ります。詳細は用語解説の節を参照してください。

localPath ドキュメントの保存先を指定するテキスト値です。localPathが空の文字列の場合、標準の保存ダイアログが表示され、結果のパス名がlocalPath変数に返されます。localPathがファイル名の場合、ファイルはストラクチャと同階層 (4Dシングルユーザ) または4D Client フォルダ (4D Server) に保存されます。パスはローカルドキュメントのため、パス名はプラットフォームに対応した区切り文字で区切ります。詳細は用語解説の節を参照してください。

progress は進捗インジケータを表示するかしないかを指定する整数値です。1を渡すと進捗インジケータを表示します。0を渡すと隠します。

例題

   vUseMacBin:=-1
   $error:=FTP_MacBinary (vFTP_ID;vUseMacBin)
   If($error=10053)
      MacBinaryIsSupported:=False `FtpサーバはMacBinaryプロトコルをサポートしない
   Else
      MacBinaryIsSupported:=True
   End if

   vLocalFile:=""
   If(MacBinaryIsSupported)
      vUseMacBin:=1
      $error:=FTP_MacBinary (vFTP_ID;vUseMacBin)  `MacBinaryを有効にする
      $error:=FTP_Receive (vFTP_ID;"CGMiniViewer.hqx";vLocalFile;cbShowTherm)
      If ($error=0) & (vUseMacBin=1)
         vDecodePath:=""
         If (IT_Decode (vLocalFile;vDecodePath;8)=0)  `MacBinary デコード
            DELETE DOCUMENT(vLocalFile)  `ソースのデコードに成功したら、削除する
         End if 
      End if 
   End if  

参照

FTP_MacBinary, IT_Decode.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次