FTP_Send

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次

version 6.5


FTP_Send (ftp_ID; localPath; hostPath; progress) 整数

引数Type説明
ftp_ID倍長整数FTPログイン参照
localPathテキスト送信するドキュメントのパス名
hostPathテキストドキュメントの送信先パス名
progress整数1 = 進捗表示, 0 = 進捗を隠す
戻り値整数エラーコード

説明

FTPセッション参照、送信するドキュメントのパス、送信先のパスを渡すと、FTP_Send コマンドはリモートマシンにドキュメントを送信します。FTP_Send はFTPファイルステータスエラーが返されると即座に制御を返します。

ftp_ID は、FTP_Loginにより確立されたFTPセッション参照です。

localPath は送信するドキュメントのパスです。localPathが空の文字列の場合、標準のファイルを開くダイアログボックスが表示されます。localPathがパスを含まないファイル名の場合、コマンドはストラクチャと同階層 (4Dシングルユーザの場合) または4D Clientフォルダ (4D Server) でファイルを探します。パスはローカルドキュメントを指すので、ディレクトリはプラットフォームに対応した文字で区切らなくてはなりません。詳細はこのマニュアル最初の 用語解説 の節を参照してください。

hostPath はファイル名を含むドキュメントの送信先パスです。hostPathは、FTPサーバがファイルを受信後の、ファイル名を表します。localPathが空の文字列の場合ディスク上のファイル名が使用されるので、hostPathも空の文字列にできます。選択したファイル名が使用されます。

hostPathにはフルパス名またはファイル名を指定できます。フルパス名を指定すると、ファイルはhostPathで指定したディレクトリに置かれます。ファイル名を渡すか、ファイル選択に空の文字列を使用した場合、ファイルはカレントワーキングディレクトリ (CWD) に送信されます。

ファイル名やファイルパスが正しく解決できない場合、コマンドはエラーを返します。ユーザがディレクトリにファイルを送信する権限を持たない場合、エラーが返されます。パスはスラッシュ ("/") で区切ります。詳細はこのマニュアル最初の 用語解説 の節を参照してください。

progress は進捗インジケータを表示するかしないかを指定する整数値です。1を渡すと進捗インジケータを表示します。0を渡すと隠します。

例題

例題 1

   $OK:=False
   Case of 
      : (FTP_Login ("ftp.4d.com";"anonymous";vEmailID;vFTP_ID;vFTP_Msg)#0)
      : (FTP_Progress (-1;-1;"Progress window";"Getting requested file…";"Cancel")#0)
      : (FTP_Send (vFTP_ID;"My Hard Drive:Documents:July Sales Report";"/pub/reports/";1)#0)
      : (FTP_Logout (vFTP_ID)#0)
   Else
      $OK:=True   `すべのコマンドがエラーなしで実行された
   End case 

例題 2

   $error:=FTP_Send (vFTP_ID;"";"";1)

参照

FTP_Progress, FTP_Receive.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次