MSG_Delete

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次

version 6.8.1 (Modified)


MSG_Delete (fileName{; folder}) 整数

引数Type説明
fileNameテキストファイル名
folder整数0 = メッセージフォルダ, 1 = 添付フォルダ
戻り値整数エラーコード

説明

MSG_Delete コマンドはローカルファイルを削除します。

fileName は削除するファイルのファイル名またはパス名です。ファイル名のみが指定された場合、folder引数が以下の要領で考慮されます:

folder = 0: ファイルはPOP3_SetPrefsまたはMSG_SetPrefsで指定されたメッセージフォルダに存在する。

folder = 1: ファイルはPOP3_SetPrefsまたはMSG_SetPrefsで指定された添付フォルダに存在する。

両ケースとも、POP3_SetPrefsまたはMSG_SetPrefsでフォルダが指定されていない場合、ストラクチャと同階層 (4D シングルユーザ) または4D Clientフォルダ (4D Server) でファイルを探します。

互換性メモ (バージョン6.8.1): MSG_SetPrefs コマンドを使用しない場合、POP3_SetPrefsmsgFolderattachFolder引数が考慮されます。MSG_SetPrefsが使用されていればPOP3_SetPrefsmsgFolderattachFolder引数は無視されます。

警告: このコマンドは指定されたファイルを削除します。利用の際は十分注意してください。

参照

MSG_SetPrefs, POP3_SetPrefs.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次