MSG_GetHeaders

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次

version 6.8.1 (Modified)


MSG_GetHeaders (fileName; offset; length; headerText) 整数

引数Type説明
fileNameテキストファイル名
offset倍長整数ヘッダ中の開始位置オフセット (0 = ヘッダの先頭)
length倍長整数文字数
headerTextテキストヘッダテキスト
戻り値整数エラーコード

説明

MSG_GetHeaders コマンドはメッセージのヘッダセクション全体を返します。POP3メッセージおけるヘッダはメッセージの先頭から、最初に見つかった二つの連続するCR/LFまでと定義されています。

fileName は、ヘッダ情報を取得するファイルの名前またはファイルのフルパスです。ファイル名のみを指定した場合、POP3_SetPrefs または MSG_SetPrefs で指定したパスでファイルを検索します (互換性メモ参照)。フォルダが指定されていない場合、ストラクチャと同階層 (4D シングルユーザ) または4D Clientフォルダ (4D Server) でファイルを探します。

offset は読み込みを開始するソースヘッダ中の文字位置です。

length は読み込む文字数です。ヘッダ長はMSG_MessageSizeで取得できます。

headerText にはヘッダテキストが返されます。この引数はPOP3_SetPrefsMSG_SetPrefsで設定されたstripLineFeed 引数を考慮します。

互換性メモ (バージョン6.8.1): MSG_SetPrefs コマンドを使用しない場合、POP3_SetPrefsmsgFolder 引数が使用されます。MSG_SetPrefsが使用されていればPOP3_SetPrefsmsgFolder 引数は無視されます。

参照

MSG_MessageSize, MSG_SetPrefs, POP3_SetPrefs.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次