POP3_DownLoad

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次

version 6.5


POP3_DownLoad (pop3_ID; msgNumber; headerOnly; fileName) 整数

引数タイプ説明
pop3_ID倍長整数POP3ログイン参照
msgNumber倍長整数メッセージ番号
headerOnly整数0 = メッセージ全体, 1 = ヘッダのみ
fileNameテキストローカルファイル名
結果のローカルファイル名
戻り値整数エラーコード

説明

POP3_DownLoad コマンドは、POP3サーバからメッセージをディスク上のファイルにダウンロードするために使用します。添付ファイルを含むまたは32Kサイズを超えるすべてのPOP3メッセージは、このコマンドを使用してダウンロードすべきです。メッセージに添付されたファイルはこの方法でダウンロードされたファイルからのみ展開できます。

pop3_IDPOP3_Loginで作成される、開かれたセッションの参照です。

msgNumber は取得したいメッセージのメールボックス中のメッセージ番号です。msgNumberは現在のメッセージリストの位置を表します。msgNumberはカレントセッションの中でのみ有効で、セッションが異なれば、そのメッセージ番号が指定するメッセージは前回と異なるかもしれません。

headerOnly はメッセージ全体を取得するか、ヘッダのみを取得するか指定するための整数値です。

fileName は、メッセージの保存先ファイル名とオプションのパスを渡します。この引数の指定方法は三つあります:

""= POP3_SetPrefsで指定したフォルダに"temp1"という名前でメッセージを
格納します。(同じ名前のファイルが既に存在する場合、使用されていない
ファイル名が見つかるまで、"temp2", "temp3"が試されます。)
"ファイル名"= POP3_SetPrefsで指定したフォルダに、fileNameでメッセージを格納します。
"パス名"= fileNameで指定したパスにメッセージを格納します。

最初の二つの方法では、POP3_SetPrefsでフォルダが指定されていない場合、メッセージは (4Dシングルユーザの場合) データベースストラクチャと同じフォルダに、または (4D Serverの場合) 4D Clientフォルダに、保存されます。ファイルがディスクに保存された後、ファイルが実際に保存された名称がfileName 引数に渡された変数に返されます。fileNameに既に存在するファイル名を指定してPOP3_Downloadコマンドを呼び出すと、増分された数値がファイル名に付加され、実際にディスクに保存されたファイル名がfileName変数に返されます。

参照

POP3_SetPrefs.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次