POP3_Delete

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次

version 6.5


POP3_Delete (pop3_ID; startMsg; endMsg) 整数

引数タイプ説明
pop3_ID倍長整数POP3ログイン参照
startMsg倍長整数開始メッセージ番号
endMsg倍長整数終了メッセージ番号
戻り値整数エラーコード

説明

startMsgからendMsgでメッセージの範囲を指定すると、POP3_Delete コマンドは指定されたメッセージに削除フラグを立てます。削除動作はPOP3_Logout コマンドを発行するまで行われません。POP3_Logout コマンドを実行する前に、何らかの理由 (タイムアウト、ネットワークの問題など) でカレントセッションが終了した場合は、削除フラグがたてられたメッセージはPOP3サーバに残ります。

pop3_IDPOP3_Loginで作成される、開かれたセッションの参照です。

startMsg は削除するメッセージの開始位置を指定するメッセージ番号です。

endMsg は削除するメッセージの終了位置を指定するメッセージ番号です。

Note: POP3_Delete, POP3_MsgLstInfo および POP3_MsgLst コマンドは、startMsgendMsgより大きくてもエラーを返しません。このような場合、これらのコマンドは何も行いません。

参照

POP3_Logout.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次