POP3_Login

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次

version 6.5


POP3_Login (hostName; userName; password; aPOP; pop3_ID) 整数

引数タイプ説明
hostName文字列POP3メールサーバのホスト名またはIPアドレス
userName文字列ユーザ名
password文字列パスワード
aPOP整数0 = クリアテキストログイン, 1 = APOP ログイン
pop3_ID倍長整数POP3ログイン参照
戻り値整数エラーコード

説明

POP3_Login コマンドは、userNamepasswordを使用してPOP3メールサーバにログインします。aPOPに1を指定した場合、APOPメカニズム (RFC#1321) がログインに使用されます。aPOPが0の場合、通常のクリアテキストパスワードログインが実行されます。このコマンドの実行が成功すると、pop3_IDに参照が返されます。

警告: POP3サーバは、対話的な方法でアクセスされるようにはデザインされていません。サーバにログインした後は、必要なアクションを行い、できる限り早くサーバからログアウトすべきです。POP3_LoginPOP3_Logoutとの間で、ユーザの指示を待ちうけるような画面を表示させるべきではありません。POP3サーバは、特定の時間アクションがない接続を自動で切断します。POP3のRFCによれば、このタイマは最低30分が想定されています。しかし経験上、ほとんどのサーバはもっと短い時間で接続を切断します。

POP3サーバと通信を行うそれぞれのコマンドは、このタイマをリセットします。POP3_Logout前にサーバが接続をアボートする場合、削除処理はロールバックされます。

hostName はPOP3メールサーバのホスト名またはIPアドレスです。ホスト名の利用をお勧めしますが、必要であればIPアドレスも利用できます。

userName はPOP3メールサーバにログインするためのユーザ名です。

password はPOP3メールサーバにログインするためのパスワードです。

aPOP は、ログインにAPOPメカニズムを使用するかどうか指定する整数値です。1を指定すると、APOPメカニズムが使用されます。0を渡すとクリアテキストパスワードログインが行われます。デフォルトは0です。

pop3_ID は倍長整数変数で、セッションの参照が返されます。このセッションのアクションを実行する際に、この参照を使用します。

参照

POP3_Logout.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次