SMTP_AddHeader

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次

version 6.5


SMTP_AddHeader (smtp_ID; headerName; headerText{; deleteOption}) 整数

引数タイプ説明
smtp_ID倍長整数メッセージ参照
headerName文字列ヘッダ名
headerTextテキストヘッダテキスト
deleteOption整数0 = 追加
1 = すべてのヘッダを'headerName'で置き換え,
2 = 'headerName'ヘッダをすべて取り除く
戻り値整数エラーコード

説明

SMTP_AddHeader コマンドは、smtp_IDで参照されるメッセージに独自のヘッダを追加するために使用します。4D Internet Commandsが提供するさまざまなヘッダ関連のコマンドに加え、二つのカテゴリのヘッダ ('ユーザ定義' と '拡張') があります。SMTP_AddHeader コマンドは両方の種類のヘッダの追加を可能にします。

拡張ヘッダ: これらのヘッダはNICにより公式に認証されていて、オリジナルのSMTP使用の後に定義されました。これらのヘッダはしばしば、さまざまなアプリケーションの動作に影響する特定の機能があります。Extended ヘッダは"X"から始まっていてはなりません。

ユーザ定義ヘッダ: SMTPプロトコルは、独自のヘッダ定義を許可しています。すべてのユーザ定義ヘッダは"X-"から始まるべきで、このルールが守られる限り、将来の拡張ヘッダと衝突する心配はありません。ユーザ定義ヘッダは、通信の両端で開発者がコントロールを行えるようデザインをする際にとても便利です。

ユーザ定義ヘッダを使用して、開発者はデータをメッセージに格納し、MSG_FindHeader コマンドを使用して簡単にそのデータを取り出すことができます。たとえば"X-001001"という名前のヘッダを作成し、テーブル1のフィールド1の値を格納することができます。ユーザ定義ヘッダを使用すれば、情報を追加して、簡単にその情報を取り出すことができます。ボディ部を解析する必要はありません。

smtp_IDSMTP_New コマンドで作成されるメッセージ参照です。

headerName は追加するヘッダのヘッダ名です。

headerTextheaderNameヘッダに割り当てる情報を含むテキスト値です。

警告: テキストにラインフィード (ascii=10)を含んでいてはいけません。含まれていると、それはヘッダ部の終わりかつボディ部の始まりを意味します。これに続くヘッダはボディ部に押し出され、サーバやクライアントで正しく解釈されません。ヘッダについての詳細はRFC#822を参照してください。

deleteOption はオプションの引数で、カレントのヘッダを追加するか削除するかを指定します。0を指定すると、headerNameをメッセージに追加します。1を指定すると、すべてのヘッダをheaderNameで置き換えます。この場合headerName が空の文字列なら、すべてのヘッダが取り除かれます。2を指定すると、headerNameヘッダを取り除きます。

例題

HTMLメールを送信する場合、HTMLタグをメッセージボディに挿入し (例 <HTML>, <HEAD>, etc.) 、すべての "Content-Type" ヘッダを "text/html;charset=us-ascii" で置き換えます:

   If(Substring($body;1;6)="<HTML>")
      $err:=SMTP_AddHeader($SMTP_ID;"Content-Type:";"text/html;charset=us-ascii";1)
   End if

参照

MSG_FindHeader, SMTP_New.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次