SMTP_References

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次

version 6.5


SMTP_References (smtp_ID; references{; deleteOption}) 整数

引数タイプ説明
smtp_ID倍長整数メッセージ参照
referencesテキストReference テキスト
deleteOption整数0 = 置き替え (referencesが空でない場合),
1 = 置き換え, 2 = 削除
戻り値整数エラーコード

説明

SMTP_References コマンドは、メッセージが参照する追加の関連を指定します。

smtp_IDSMTP_New コマンドで作成されるメッセージ参照です。

references は、参照を含む文字列です。この文字列のフォーマットについては、RFC#822を参照してください。

警告: テキストにラインフィード (ascii=10)を含んでいてはいけません。含まれていると、それはヘッダ部の終わりかつボディ部の始まりを意味します。これに続くヘッダはボディ部に押し出され、サーバやクライアントで正しく解釈されません。ヘッダについての詳細はRFC#822を参照してください。

deleteOption は"References"ヘッダを置き換えるか削除するか指定する整数値です:

・0を指定すると、以前の値を置き換えて、"References" フィールドに新しい値を設定します。(空の文字列をreferencesに指定すると、以前のヘッダが保持されます。)

・1を指定すると、以前の値を置き換えて、"References" フィールドに新しい値を設定します。(空の文字列をreferencesに指定すると、ヘッダが削除されます。)

・2を指定すると、"References" フィールドに設定されていた値が削除され、ヘッダがメッセージから取り除かれます。

deleteOption はオプションの引数で、指定しない場合の値はデフォルトで0です。

参照

SMTP_New.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次